dynamicsoar's log

主に研究関係のメモ

bird

論文読み: Range of motion in the avian wing is strongly associated with flight behavior and body mass

基本情報 Baliga, V. B., Szabo, I. and Altshuler, D. L. (2019). Range of motion in the avian wing is strongly associated with flight behavior and body mass. Science Advances 5, eaaw6670. https://doi.org/10.1126/sciadv.aaw6670 結果 Fig. 1 翼…

論文読み: Birds can transition between stable and unstable states via wing morphing

基本情報 Article: Harvey, C., Baliga, V. B., Wong, J. C. M., Altshuler, D. L. and Inman, D. J. (2022). Birds can transition between stable and unstable states via wing morphing. Nature 1–6. https://doi.org/10.1038/s41586-022-04477-8 (open …

動物飛行の安定性や制御に関係する研究をいくつか紹介してみる(後編=文献紹介)

Books(本) 動物飛行かつ制御に特化した本はなさそう。制御の本としては、航空系のものが参照されている事が多いので、省略。 動物の飛行(主に力学) 動物飛行の入門書としては、David E. Alexander によるものが3冊出ていて、僕は最初の1冊目 Nature's Fl…

動物飛行の安定性や制御に関係する研究をいくつか紹介してみる(前編=イントロ)

経緯 Twitter で、制御が専門だけど鳥に興味があるという方がいた。 自分がこれから深く学んでいけるだけの興味がある分野っていうのが掴めそうで掴めない制御工学がベースでやりたくて、生理学・生化学・社会工学・医用工学・動物行動学・生態学あたりの事…

セキレイが昆虫(蚊)を捕まえる高速度撮影動画の何がそんなに嬉しいのかを解説する

前提 動画 まずはこのツイートの動画を見てほしい: ハクセキレイが蚊を捕まえたよ!感染症を媒介するからって人間が蚊を根絶やしにしてよいとは思わない。進化に役立ったウィルスもあるんだし。「問題なのはもし私たちが蚊を絶滅させたら、その後何が起こる…

【本読み】『そして恐竜は鳥になった』

これもとりあえず公開しちゃう。 対象の本 土屋健(著)、小林快次(監修)『そして恐竜は鳥になった』、誠文堂新光社、2013. ISBN 978-4-416-11365-3. 公式: 株式会社誠文堂新光社 / そして恐竜は鳥になった 書評: 土屋健『そして恐竜は鳥になった』(小…

【論文読み】世界一大きな(重い)ハチドリのエネルギ消費は他のハチドリのスケーリングから外れてはいない

対象論文 Fernández, M. J., Dudley, R. & Bozinovic, F. 2011 Comparative energetics of the giant hummingbird (Patagona gigas). Physiol. Biochem. Zool. 84, 333–340. (doi:10.1086/660084) 概要 対象動物 giant hummingbird(オオハチドリ、学名 Pat…

「ハチドリは一秒間に80回も羽ばたく」は本当か → たぶん本当だけど一般的な速さではなく、上限付近

ちょくちょく出典なしで出てくる表現なので、気になったので調べてる。まだ途中だけどたぶんいまメモっとかないと永遠に書かないので書いとく。 羽ばたき回数の計測例 自分の Mendeley に入ってた論文のうち、ハチドリの「ホバリング(前進速度0)」について…

羽ばたきとプロペラは「同じ推進原理」か

イントロ こういうのを見た: こうして生き物の翼が描く軌跡を三次元的に視覚化してみると、羽ばたきもプロペラも実は同じ推進原理として理解できますね。 http://t.co/6rGpHAYyyK http://t.co/Aeu4WauV3b — 山中俊治 Shunji Yamanaka (@Yam_eye) 2014, 10月…