バッチで画像処理

翅の変形の再現など、飛翔体の特徴点を追うために、画像をトラッキングソフトウェア(たとえば DIPP MOTION)にかけるわけだけれど、その画像としては赤外の白黒やグレースケールだったりするわけで、撮ったままだとピンぼけとかで特徴点が見づらいことがある。そこで、一度アンシャープマスクなどをかけるといい。でも画像はたくさんあるので、一度にヴァーっとやりたい。それがバッチ処理。WinのGUIで簡単にやる方法メモ。調べればもっといい方法ありそうだけど。

とりあえず IrfanView and/or GIMP を使う。アンシャープマスクとガンマ調整両方やりたかったら両方必要、だったはず。

(つづく)