Fluent: VS Code で journal file の編集をする → Scheme の関連付けをする

journal file の拡張子をたとえば .jou などに統一しておいて、Scheme と関連付けすればよい。まずは Scheme の機能拡張を入れる(自分は適当に vscode-scheme を選んだ)。次に、settings.json に、

    "files.associations": {
        "*.jou": "scheme"
    },

を追加する(最後尾に追加するなら、最後のカンマは不要)。

これで、セミコロン ; がコメントと認識されて、syntax highlight がされるし、トグルコメントなども機能するようになる。

…今思ったけど、.set ファイルも関連付けしとくと見やすいだろうな。