Fluent UDF: マクロ末尾の _M1 は「ひとつ前の時刻」の意味だった

UDF マニュアルより

The _M1 suffix can be applied to some of the cell variable macros in Table 3.8: Macros for Cell Flow Variables Defined in mem.h or sg_mem.h (p. 262) to allow access to the value of the variable at the previous time step (that is, t - \Delta t).

同様に、_M2 は「2つ前の時刻 (t - 2 \Delta t)」の意味だった。