Fluent の SRS (e.g. LES) で入口境界の Vortex Method に 1000 を超える渦を与えたい → scheme コマンドが必要

LES などの SRS (scale-resolved simulation) を行う際、入口境界に変動を与えるための Fluctuating Velocity method として Vortex Method を使う場合、公式は資料で「最低でも入口の face 数の 1/4 以上の個数の渦を生成するように指定しろ」と言っている。しかし実際やってみるとわかるが、1000 を超える数字を入れようとするとエラーになり、1000 が上限である。つまり入口の face 数*1が 4000 以上だと問題になる。実際には4000ではギリギリなのだから、3500とかそれくらいが限界ということだろう。え?60 x 60 = 3600 なんですけど?こんなもんが限界?ふざけんな。

…と、思った人が当然いたのだろう。公式カスタマポータルの "Vortex Method (VM): Increasing the Number of Vortices – Lifting the Upper Limit" という資料に対処方法が書いてある。転載して怒られると嫌なのでコピペはしないでおく。4行の scheme コードで「許容される最大値を増やす」ことが可能で、その後で普通に 1000 以上を選択すればいいようだ。

…しかし公式が「現代の計算では1000って足りないよね」と正しく認識してるんなら、とっとと上限を直せよ…。2019R1 はまだ試してないけど、直ってるだろうか?だめかな(懐疑的)

*1:当該 face を表示しておいてから、リボンメニューの Surface > Manage... で確認できる。