Tsubame 3.0 に win 10 の cygwin から ssh でログイン

学生さんがトラブっていて、自分もちょっと忘れていたので、忘れてもいいようにメモ。

  1. Cygwin ではどうやらデフォでは OpenSSH が入っていないようなので(?)、setup-x86_64.exe を叩いて ssh で検索して openssh を入れる。
  2. たしか ssh-keygen かなんかのコマンドで鍵を作れる(→正しくは http://www.t3.gsic.titech.ac.jp/node/79 )。もし、既に puttygen で putty形式(?winscpとかで使うやつ。.ppk みたいなの)の秘密鍵を作っていたばあい、puttygen の conversion から openssh 形式に変換して、~/.ssh/ ディレクトリにぶち込む。
    1. 追記:鍵生成は $ ssh-keygen -t ed25519 が良さそう。RSA よりもセキュリティ的に強いっぽい。
  3. このままだと permission is too open とかいって deny される場合があるので、そうなったら $ chmod 600 ~/.ssh/id_rsa みたいにしてパーミッションを制限する。
  4. 対応する公開鍵を Tsubame Portal から UP する。
  5. cygwin から $ ssh -l [username] login.t3... とかしてログイン。信用していいの?とか言われるので yes.

こんな感じだったはず。

参考