読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昆虫は理論的も飛べる

昆虫の空気力発生メカニズムについて日本語で簡単に説明する予定


ホバリング時の昆虫の翅に生じる空気力を、固定翼に適用されるような定常ないし準定常空気力学理論により予測すると、その鉛直上向き成分は、自重に満たない

実際には翅は羽ばたきを行なっており、これにともなって非定常的な(=時間的に変化する)空気力が発生している。空気力の鉛直上向き成分を羽ばたき一周期について平均すると、自重と同じ程度である

参考文献
Sane, S. P. (2003) Aerodynamics of Insect Flight, J. Exp. Biol., 206, pp. 4191-4208. http://dx.doi.org/10.1242/jeb.00663
Ellington, C. P. (1996) Nature