Parallelsの使い心地

Parallels はとても快適。ディスプレイ・キーボード・マウスを全部外付けにしている。マウスは最初、そのへんに転がっていたDELLの光学マウスにしたら、閉じるボタンにちょっとだけ足りない、とかチェックボックスのクリックをミスしたりしてイライラした(これは Parallels とか関係なく mac との相性みたい)。でも、バッファローの有線3ボタンのBlue Focusで一番安いやつ(1,200円くらい)に換えたら、すごく使いやすくなった。mac にした意義を後輩に問われて詰まってしまう、という問題はあるけれど。技術的な問題としては、FIELDVIEW で可視化する際、マウスでグリッドをグリグリ動かすのだけがうまくいかない。なのでそこは Locked Transform でやってる。それ以外は今のところ問題ない。あ、macbook pro のキーボードをUSにしたのは完全に失敗だったな・・・うん、まぁそこは・・・考えると凹むから。。

[2011-06-01追記]
しばらく使っていて、いまWinマシンに戻ったら、Notepad++でのカーソルスクロールスピードが明らかに違う。Parallels経由だと遅い。最初はストレスフルだったけどいつの間にか慣れていた。あと US keyboard とのスイッチも意外と慣れてきた。