Fluent

ANSYS Fluent の autosave 間隔 n は「計算開始(再開)時点から n ステップごと」ではなく「現在ステップ/n が割り切れたら出力」の仕様っぽい

たとえば、非定常計算で、 ;; Autosave Every (time step) file/auto-save/data-frequency 10 solve/set/time-step 0.02 solve/dual-time-iterate 50 30 として 1 s まで計算したとする。こうすると、タイムステップが 10, 20, 30, 40, 50 のときに autosave…

Fluent の SRS (e.g. LES) で入口境界の Vortex Method に 1000 を超える渦を与えたい → scheme コマンドが必要

LES などの SRS (scale-resolved simulation) を行う際、入口境界に変動を与えるための Fluctuating Velocity method として Vortex Method を使う場合、公式は資料で「最低でも入口の face 数の 1/4 以上の個数の渦を生成するように指定しろ」と言っている…

Fluent の TUI (journal) で Cell Zone Conditions の設定を変える (e.g. ELES) には → define/boundary-conditions/fluid にある

Fluent で、Cell Zone Conditions の設定を変えたいことがある。Mesh motion とか、embedded LES (ELES) とか。しかし TUI からこの設定を変える方法がなかなか見つからなかった。もうサポートに聞こうかな?と思ったところで見つけた。 define/boundary-con…

Fluent で、確実に gzip 圧縮されたデータを吐き出す → root-name に .gz を付ければいい

だいぶ前から悩んでいたこれだが、同僚に教えてもらった。まさかこんな方法とは…自分だけならずっと気づかなかった。ありがたい。 GUI の場合 Workbench から起動した Fluent ではそもそも root-name の記入欄がないので、GUI からは設定不能。TUI を使うし…

Standalone ANSYS Fluent launched directly from Windows is (slightly?) different from Fluent launched from WorkBench

English I've been thinking they are identical and have never launched the standalone Fluent, but no, they are not. At least in a few ways. I was doing a tutorial on VOF + dynamics + dynamic mesh (fl00392). And I stumbled upon that in Autos…

ANSYS Fluent の UDF についての自分用メモ

NB! Dynamic meshing については別の記事に分けている: Dynamic meshing in Fluent - dynamicsoar's log UDFマニュアル*1は基本的に version 19.2 を参照している。 定義の確認 macro 個別の関数のことを function と呼ばず macro と呼んでいるようだ(とく…

Dynamic meshing in Fluent

NB! UDF全般に関する事項は別記事に分けている: ANSYS Fluent の UDF についての自分用メモ - dynamicsoar's log Dynamic Mesh Setup > General > Transient Setup > Dynamic Mesh > tick "Dynamic Mesh" Setup > Dynamic Mesh > "Create/Edit..." Mesh Met…

Fluent: write-settings & read-settings are extremely useful

I'm pretty sure you're tired of repeating the same (or similar) settings for loads of computation cases. At some point you noticed that you can use "Duplicate" the Fluent module in workbench. Yes it's useful. But there's an even better way…

run Fluent, export .cas and .dat, and compress them after computation (on Linux)

I could not find the way to specify the auto-save .cas & .dat files in the format of .cas.gz & .dat.gz, and I gave up to compress them using the journal file. Instead, I decided to compress them in the script file after the computation, if…

Fluent 18.1 で、定常RANS で予備計算 → LES で本番計算

だいぶ古いなーこれ…(2019-02-27) 定常 RANS の計算を普通にやる。ここでは(Workbench ではなく)スパコンでやったとする。ある程度収束した時点での .cas[.gz] と .dat[.gz] を保存しておく。 Workbench に、新しい Fluent モジュールをドロップして起動…